東京を代表する魅力ある商店街ベスト3をご紹介します。

東京版商店街BEST3

東京の商店街と言えば、すぐ頭に思い浮かぶ有名な場所がありますよね。

 

活性化している商店街の条件といえば
・歴史がある
・住民に愛される
・観光客にも人気がある事
ではないでしょうか。

 

そんな条件を満たした、東京の商店街BEST3をご紹介しましょう。

 

浅草仲見世商店街

1688年の元禄、享保の頃、浅草寺の参道に出店許可が与えられたのが仲見世の始まりと言われています。日本で最も古い商店街の一つです。

 

日本の民芸や古くから愛される雷おこしといったお菓子は勿論、平山郁夫画伯の指導の元に、全店のシャッターに描かれた浅草の歳時は「浅草絵巻」と呼ばれ、閉店後のその絵を楽しむ観光客が後を断ちません

 

浅草絵巻

 

また浅草寺周辺にいる人力車が威勢の良いかけ声とともに街の活性化に貢献しています。

 

日本的情緒を損なわない様に商店街の結束は固く、「ネズミ小僧お尋ね書き」といった立て看板を配置するなど、ユニークな写真スポットも随所に見られます。

 

周辺にはお笑い芸人や落語が楽しめる浅草演芸ホールやよしもと花月、夏は墨田花火大会やサンバカーニバルといったイベントも開催し、年間を通して訪れる人を飽きさせない工夫を凝らしています。

 

 

秋葉原電気街

日本の産業に特化した新しい商店街が秋葉原商店街でしょう。
古くからある電化製品が安く買える家電ショップは勿論、海外にまで流行させたメイドカフェも数多く点在しています。人気アニメ、ガンダムや初音ミクといったネットで大人気のボカロイドのショップ、AKB48の劇場やカフェには全国からファンが殺到しています。

 

秋葉原電気街

 

地域住民との活性化という観点とはまた違った、「アキバ」という場所を聖地としてあがめるオタク文化の発祥の地でもあります。
秋葉原電気街は歴史は古くはありませんが、地域の特色を生かした商店街として、全国の商店街の今後の指針を示す存在かも知れません。

 

 

巣鴨地蔵通り商店街

原宿の竹下通りよりも凄い!「おばあちゃんの原宿」と評判の巣鴨地蔵通り商店街。今後の少子高齢化を考えると、こうした老人に特化した商店街は全国の商店街の良いモデルとなるはずです。

 

巣鴨地蔵通り商店街

 

老人アミューズメントパーク、と異名を取るほど、本尊とげぬき地蔵を中心とした様々なイベントが毎月沢山行われています。江戸中期から商業や信仰の場として栄えてきた巣鴨には、日本古来の「おもてなし」の文化が商店街に根強く残っています

 

日本3大商店街はこちら