日本には、3大商店街と呼ばれる三つの商店街があります。

日本3大商店街とは

パワーのある商店街イメージ

全国には商店街が沢山あります。
衰退傾向にあるとはいえ、まだまだ、
いや昔よりもさらにパワーアップした商店街もあるのです。

 

商店街を継続し、活性化させる秘訣は一体どこにあるのでしょうか?
商店街が生き残る為の秘訣を、日本で最も成功している3つの商店街からヒントを探ってみましょう。

高松中央商店街

天候に左右されずに買い物が出来る、全蓋型アーケードとしては、総延長が2.7キロメートルと日本一の長さを誇る、高松中央商店街。香川県高松市にある高松中央商店街は、約400年もの昔から高松城の城下町として栄えてきました。

 

兵庫町、片原町西部、片原町東部、ライオン通、丸亀町、南新町、常磐町、田町といった8つの商店街から形成され、高松名物の魚のすり身揚げや、さぬきうどんといった約800の小売店、飲食店が立ち並んでいます。
この8つの商店街は、庶民の台所、高松の貴重な観光スポットとして日々にぎわっています。

 

天神橋筋商店街

大阪市北区にある天神橋筋商店街。大阪天満宮の参詣道としても有名です。
アーケード総延長2.6kmという長さの商店街は、安くて美味しい串揚げ屋さんから商魂逞しいアイディアショップ、名物の天神祭りの人形の飾りも楽しめる、大阪の魅力をぎゅっと凝縮した商店街です。
天下の台所と言わしめた秀吉のお膝元として、口うるさい庶民の口を満足させる様々な飲食店があふれていますから、歩いているだけでエネルギッシュな雰囲気に触発され、思わず笑顔で買い食いしてしまうでしょう。

 

日本一長い商店街だけに、完歩すると「満歩状」というユニークな賞状も貰う事が出来ます。日祝日なら、一丁目の「大阪天満宮 授与所」で申告札をもらい、中間の三丁目でスタンプを押してもらった後は、七丁目の「洋菓子のアトリエアルション」で申告札を見せれば誰でも無料で貰う事が出来ます。
ぜひ大阪に行ったら天神橋筋商店街の2,6キロを完歩して、賞状をゲットして下さい。

 

沖縄市一番街商店街

1972年に沖縄で初めて出来たアーケード商店街です。沖縄ほど商店街が活性化している場所は日本にないかも知れません。80、90歳の地元のおじい、おばあが現役で働き、地元の人から全国から来る観光客まで応対しています。

 

沖縄市一番街商店街には、商店街交流ひろばコザBOXという情報発信基地があります。
ここは沖縄市中心市街地の8つの商店街で構成されており、コザマップアプリの入っているiPodなどの貸し出しも行っています

 

古さと新しさがうまく融合され、沖縄という風土にあったのんびり人情味あふれる接客は、訪れる人々の心を鷲掴みにしてしまいます。
今は廃れてしまった、「隣近所皆家族」という繫がりを、ぜひ沖縄市一番街商店街を歩いて実感されると良いでしょう。